データ集

ガイナデータ集

ガイナは、夏の暑さや冬の寒さを解消するなど、いろいろな性能があります。
これらの性能によってもたらされた、省ネ効果や経費削減などは、 さまざまなデータによって裏付けがなされています。

物性データ
試験項目 試験方法 試験結果 備考
硬度
(鉛筆引っかき値)
JIS-K5600 5.4 B 三菱ユニー
衝撃試験
(付着性)
JIS-K5600 5.3 ワレ・ハガレなし デュポン 500g/50cm
エリクセン
(付着性)
JIS-K5600 6.2 ワレ・ハガレなし 30φmm/6.0mm
ゴバン目試験
(付着性)
JIS-K5600 5.5 100/100 カッターガイド
耐アルカリ性 JIS-K5600 6.1 ワレ・ハガレなし 水酸化ナトリウム 5% 20℃/24時間
耐酸性 JIS-K5600 6.1 ワレ・ハガレなし 硫酸 5% 20℃/24時間
耐熱性 JIS-K5600 6.1 変化なし 電気炉 150℃/60分
わずかに黄変するフクレあり 電気炉 200℃/60分
耐塩水噴霧性 JIS-K5600 6.1 クロスカット部の錆以外、錆発生なし 食塩水 5% 86時間
10年後のトータルコスト比較(塗布コストから省エネ効果を差し引く)
塗布コスト 耐用年数 夏季省エネ効果 冬季省エネ効果 年間省エネ効果 10年後の経費差
ガイナ 494万円
(3800円×1300㎡)
15年 60万円 22万円 82万円 +326万円
遮熱塗料 494万円
(3800円×1300㎡)
8年 60万円 0万円 60万円 -388万円
一般塗料 260万円
(2000円×1300㎡)
10年 0万円 0万円 0万円 -520万円

※後述の「1年塗れば10年経っても効果は持続」における、埼玉県志木市の倉庫・瓦棒屋根(1300㎡)に塗布した際の実測値を基に算出。

ガイナは、初期費用はかかりますが、省エネ効果により、設備(倉庫、建物等)の維持費用は下がります。さらに、見えない経済効果として、この倉庫では、エアコン設備の台数を減らすことができ、夏季の屋根への散水も不要となり、建物に対する負荷も軽減されました。また、省エネ効果による10年間のCO2削減量は、一般家庭の年間のCO2排出量40世帯分に相当し、総量は、189.6tとなりました[出典:(独)国立環境研究所]。

1度塗れば10 年経っても効果は持続
施工時期 2000年5月 地域 埼玉県志木市
塗布箇所 瓦棒屋根(1300㎡) 塗布色 ライトブルー(69-70L)
10年間の合計で約820万円の経費削減
電気料金推移
ガイナ

効果

  • 2階温度が15℃低下
  • 夏季の屋根への散水が不要に
  • エアコンの稼働が4台から1台に
  • 冬季の暖房効率が上昇
  • 塗替えのサイクルを長期化
冷房なくても涼しい室内
施工時期 2010年8月 地域 沖縄県宜野湾市
塗布箇所 屋上・外壁・内装 塗布色 白(N-90)、黄緑(32-90D)
塗布前は室温が外気温よりも約4度高い状態だったが、塗布後は室温が外気温以下まで低下
ガイナ塗布前後の夏季温度比較
ガイナ

効果

  • 外気温より高かった室内が、外気温より低くなった
  • キッチンの油のニオイを感じにくくなった
冬にも発揮!ガイナの効果
施工時期 2008年8月 地域 東京都渋谷区
塗布箇所 屋根(約193㎡)、外壁(約193㎡) 塗布色 白(N-95)、ベージュ(17-60H)
10年間の合計で約820万円の経費削減
電気使用量比較
ガイナ

効果

  • 築10年の家が美しい仕上がりに(白壁のイメージ)
断熱材より効果大
実験概要 夏季期間中、下記3タイプの物置内部空間の推移を比較する。
測定期間 2005年7月20日~8月31日
物置仕様 サイズ:高さ1920mm×幅800mm×奥行き900mm

  • 無塗布物置
  • 断熱材物置(内壁・天井に、スタイロフォーム25mmを施工)
  • ガイナ塗布物置(外装)
昼も夜も温度が低い
1日の温度変化
ガイナ
無塗布 断熱材 ガイナ
日中最高室温 53.3℃ 50.7℃ 45.4℃
夜間平均室温 28.9℃ 29.9℃ 28.2℃

※断熱材は保温効果により、夜は温度が下がりにくいが、ガイナは、断熱材と異なり、日中だけでなく夜間も温度が低い環境を実現できる。
※夜間:19時~翌午前5時

暖房稼働時の空間温度上昇
実験概要 同一形状の下記3タイプのボックス内部で熱源を
稼働させ、室内の暖房の立ち上がりを計測する。
ボックス仕様 サイズ:400mm角

  • 断熱無施工
  • 外断熱施工(ポリスチロール20mm)
  • 内部ガイナ塗布
ガイナを塗布することにより、熱源稼働直後の暖房の立ち上がりが著しく向上し、
急速に空間温度を暖めることができます。
ボックス内部温度推移
ボックス内部温度推移
※中国遼寧省工事品質測定センターにて実験
温風搬送ダクト保温

ガイナは対象物の形状にかかわらず、隙間なく均一な断熱層を形成し、効果的な断熱を可能とします。

お電話でのお問い合わせ TEL 03-5777-4478 (受付時間:平日9:00~17:30)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 光和インターナショナル All Rights Reserved.